Topics

物流トピックス

2019.03

「AI清掃PRO」導入 物流センター内を無人清掃

 RS26 powered by BrainOS

 シモハナ物流 株式会社は、ソフトバンクロボティクス株式会社が製造、ソフトバンク株式会社より販売している、自動運転技術を活用した床洗浄機「RS26 powered by BrainOS」を導入し、2019年4月から稼動を開始します。

 弊社では、食品の物流を主体とした物流センターの運営をしております。物流業は、自動化が進んできているとはいえ、まだまだ人に頼る業務が多くあります。労働人口の減少に伴い、労働力不足への対策は喫緊の課題です。弊社は、AIを活用した作業の把握・分析と、デジタル管理された運用データを利用し、管理品質の向上とロボット化による作業効率の向上をめざします。

 今回導入するRS26 powered by BrainOSは、自動運転技術を搭載しており、自律走行による床洗浄が可能な機械です。本機は、まず手動で清掃コースを運転することで清掃ルートを作成・記憶します。倉庫エリアごとに清掃ルートを作成した後は、清掃ルートを選択しスタートボタンを押すだけで自律走行にて清掃を行います。自律走行中に人や障害物が出現しても、床洗浄機の複数のセンサーで検知することで回避しながら走行することが可能です。

 「食の安全・安心」にフォーカスし、安全で高品質な物流を通して、お客様事業の発展に貢献してまいります。

本記事は、こちらの 共同通信PR Wire に掲載されております。


TOP