CSR

社会への取り組み

全国19拠点、月間620,000kw発電で環境に配慮

 シモハナ物流では、全国19拠点で月間620,000kwを発電する太陽光パネルを設置しています。太陽光発電による物流センターで使用する電力の一部を補うことで「地球に優しい、新しい物流センター」の運営で、お客様企業はもとより環境にも配慮できる企業を目指しています。

経済産業省より「地域未来牽引企業」に選定

地域未来牽引企業
地域未来牽引企業
 この度、シモハナ物流株式会社は、経済産業省より「地域未来牽引企業」に選定されましたことをお知らせいたします。
地域未来牽引企業の選定は、地域内外の取引実態や雇用、売上高などを勘案され、地域経済への影響力が大きく、成長性が見込まれるとともに、バリューチェーンの要であり、地域経済の中心的な担い手候補として、全国から2,148社、広島県では弊社を含め、45社が選定されました。
地域未来牽引企業とは、地域の特性を生かして高い付加価値を創出し、地域事業者などに対する経済的波及効果を及ぼすことにより、地域の経済成長を力強く牽引する事業を更に積極的に展開されること、または、今後取り組まれることが期待される企業を選定するものです。 ※引用:経済産業省ホームページ
今後、シモハナ物流では、地域社会の貢献とともに、地域未来牽引企業として、物流ネットワークの強化、物流センターの新設による雇用の創出など、地域経済の成長・発展を力強く牽引できる企業となるよう、より一層努力してまいります。

Green

環境への取り組み

環境への取り組み
 

運行の効率化と燃費向上で、環境問題に貢献

シモハナ物流では、運行管理システムを全車両へ導入し、エコドライブの指導と燃料の節減によるCO2の排出量を抑えた環境への貢献にも取り組んでおります。
全車両の運行状況を全社レベルで共有化することにより効率的な配車と、全車両に搭載された車載端末からの音声指導による速度オーバー、急発進・急加速の削減によりCO2削減に寄与しております。また、各指導書・警告書による急発進・急加速・アイドリングなどの燃費悪化原因の指導により、CO2削減に寄与しております

Group Topics

グループトピックス

空手道部 第36回全日本実業団空手道選手権大会「団体組手」出場
2018.11.30
空手道部 第36回全日本実業団空手道選手権大会「団体組手」出場

シモハナグループ空手道部が、第36回・全日本実業団空手道選手権大会に参加いたしました。

「ドームで野球がしたい!!」従業員の声を形に
2018.10.02
「ドームで野球がしたい!!」従業員の声を形に

 シモハナ物流では、2018年10月13日にナゴヤドームで第8回野球大会を実施致します。  当社では、2012年に「会社の仲間で集まって野球がしたい」との従業員の声から野球大会が始まりました。当初は、本社のある広島県安芸郡坂町のグランドを使用し、レンタルの野球道具、レンタルのユニフォームで行っておりました。年を追うごとに開催の規模が拡大し、野球道具やユニフォ ・・・続きを読む

シモハナグループは「次世代選手」崎山優成君を応援しています!
2018.09.21
シモハナグループは「次世代選手」崎山優成君を応援しています!

 シモハナグループでは、次期オリンピック選手を育成・強化するJSC(日本スポーツ振興センター)認定プラン選出の次世代アスリート・崎山優成君を応援しています。  次世代アスリートとは、スポーツ庁の推進するオリンピック選手育成・強化プログラムの一つで、今回、崎山選手は公益財団法人 全日本空手道連盟・次世代競技力向上会議がJSCに提出したオリンピック強化選手に選出 ・・・続きを読む

空手道部 第58回西日本実業団空手道選手権大会「団体組手」出場
2018.05.31
空手道部 第58回西日本実業団空手道選手権大会「団体組手」出場

シモハナグループ空手道部が、第58回・西日本実業団空手道選手権大会に参加いたしました。

過去記事一覧へ
TOP