シモハナ物流の強み

人材育成

人を採り、人を育て、
人を活かす…
シモハナ物流の「人財主義」

当社が人材採用に本気で取り組み始めたのは1991年頃のことです。そして1994年に3PL物流サービスを開始。まさに人ありきのビジネスモデルの転換であり、事業の拡大でした。さらに2000年代に入って新卒採用をスタート。近年では高卒・大卒あわせて新卒だけで100名を超える数の採用を続けています。また新卒ドライバーや女性ドライバーの採用・育成にも業界に先駆けて取り組み、今では一人前に育った新卒の先輩ドライバーが後輩を育てるという好循環も生まれています。
ドライバーから運行管理者やマネージャーとなる「キャリア転換」やドライバーとしてのキャリアを極める「ドライブマイスター制度」など人を活かすための制度も積極的に導入・整備しています。まさに、こうした事実がシモハナ物流の「人財主義」を物語っています。
「考える物流」の実践は、それを担うことができる人材の有無にかかっている。だから人の採用と育成には妥協することはできないのです。

「ガラス張り経営」と
「日々収支」の実践が、
経営感覚をもった社員を育てる

シモハナ物流では、現場を管理するサブリーダー以上の社員は自部門の収支管理を行います。システムはシモハナの独自開発。年度収支計画から日々の収支計画を作成し、日々の収支計画に対する達成率・進捗率と結果に対する要因を報告、結果は全社で統合され、共有されます。つまり自分の仕事の結果を日々確認でき、トップまで共有されるのです。また、全社の経営状況も常にオープン。そうした日々の実践と環境が、社員一人ひとりの主体性を育み、数字に強い経営感覚を持った社員を作ります。
シモハナ物流の「考える物流」は、そうして育った人財によって支えられています。