Topics

物流トピックス

クラウド型ERP「HUE®」を稼動

~多様な従業員が成長・ 活躍できる風土づくり、データベースを活用し従業員総活躍カンパニーへ~  シモハナ物流 株式会社は、株式会社ワークスアプリケーションズの大手企業向けERPパッケージソフト「HUE®」を2019年2月より運用開始いたしました。  「HUE®」は、株式会社ワークスアプリケーションズが多様に変化する現代において、個々人が求める働き方や、将来を ・・・続きを読む

食品物流の将来に向けて ~新卒2年目フォロー研修~

 シモハナ物流 株式会社は、3月25日、26日に滋賀県にて新卒2年目フォロー研修を開催しました。これまで、フォロー研修は新入社員が入社後に3か月、6か月、9か月の3回のみでしたが、より安全で安心な食品物流の将来を見据え、従業員育成環境の拡充を進めます。  新卒2年目の総勢40名(総合職・庫内作業職・一般事務職)が株式会社ダイフクの日に新た館(滋賀県)を訪問し ・・・続きを読む

【2019.04.09】シフト作成を自動化
シフト作成を自動化

 シモハナ物流 株式会社は、鉄道情報システム株式会社(略称:JRシステム)の勤務計画作成支援ソフト「勤務シフト作成お助けマン」を利用し従業員のシフト作成の自動化を進めてまいります。   弊社ではこれまで従業員のシフトを作成に当たって、従業員のスキルや希望休日、労働時間など複数の条件を勘案し作成するため、時間を要しシフト作成が属人化することで、担当者の人事異動 ・・・続きを読む

「AI清掃PRO」導入 物流センター内を無人清掃

 シモハナ物流 株式会社は、ソフトバンクロボティクス株式会社が製造、ソフトバンク株式会社より販売している、自動運転技術を活用した床洗浄機「RS26 powered by BrainOS」を導入し、2019年4月から稼動を開始します。  弊社では、食品の物流を主体とした物流センターの運営をしております。物流業は、自動化が進んできているとはいえ、まだまだ人に頼る ・・・続きを読む

岩槻物流センター(仮称)2020年7月新設へ

 シモハナ物流 株式会社(本社:広島県安芸郡坂町/代表取締役社長:下花 実)は、下記の通り埼玉県さいたま市岩槻区に、(仮称)岩槻物流センターの建設計画を進めてまいりますことをお知らせいたします。  当社では、2011年に関東初の自社物流センターである厚木センターの新設を皮切りに、関東では、浦和第1センター(2014年)、浦和第2センター(2018年)と自社物 ・・・続きを読む

南九州エリア初の物流拠点、3PL対応の鹿児島センターオープン予定!

 シモハナ物流株式会社は、鹿児島市西別府町(大峯団地内)に「鹿児島センター」を建設、2019年10月にオープン(予定)することが決定しましたのでお知らせいたします。  南九州エリアではグループ初となる3PL対応の「鹿児島センター」は、鹿児島西ICから国 道3号バイパス経由して、九州自動車道「鹿児島IC」2kmと抜群のアクセス性に 優れた物流センターとなります ・・・続きを読む

西日本最大級、3PL対応の高槻第二センターオープン予定!

 シモハナ物流株式会社は、高槻第一センターに隣接地に「高槻第二センター」を建設、2019年7月にオープン(予定)が決定しましたのでお知らせいたします。  「高槻第二センター」は、超冷凍・冷凍温度帯での自動倉庫を備えた西日本最大級(自社)の3PL対応大型低温物流センターとなります。  近畿自動車道「摂津北IC」へ5kmとアクセス性に優れた「高槻第二センター」は ・・・続きを読む

鹿児島物流センター(仮称)2019年10月新設へ

 シモハナ物流 株式会社は、下記の通り鹿児島県鹿児島市西別府町に、鹿児島物流センター(仮称)の建設計画を進めてまいりますことをお知らせいたします。  当社では、2009年に九州初の自社物流センターである福岡センターの新設を皮切りに、九州では、小倉センター(2012年)、福岡第2センター(2013年)、熊本センター(2015年)、鳥栖I.Cセンター(2018年 ・・・続きを読む

九州エリアをトータルプロデュース、3PL対応の鳥栖ICセンター稼働!

 シモハナ物流株式会社は、福岡県小郡市と佐賀県鳥栖市の県境にまたがる鳥栖JCT近くに、3PL対応の物流センター「鳥栖ICセンター」を建設、平成30年11月に稼働しましたのでお知らせいたします。  「鳥栖ICセンター」は、九州を縦断する九州自動車道と大分・佐賀・長崎県を横断する大分・長崎自動車道が交差する「鳥栖JCT」に1kmと抜群のアクセス性に優れた物流セン ・・・続きを読む

シモハナ物流紹介ムービー公開!

シモハナ物流紹介ムービーを公開中です。是非一度ご覧ください!

TOP